忍者ブログ
2018.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Sieste Cat
HP:
性別:
非公開

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最古記事

最新コメント

リンク

フリーエリア

最新トラックバック

バーコード

RSS

ブログ内検索

P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/12/11 (Tue)

SIESTEクロスフェードデモ公開しました!

■新譜クロスフェードデモ公開!
SiesteCat 10th Memorial Vocal Album SIESTE | 2018 春M3 第2展示場1F え-16a,b

お待たせしました!SiesteCatの春M3新譜「SIESTE」のクロスフェードデモを公開しました!
ぜひ聴いてみてくださいね!
無事にマスターアップしまして、ほっとしています。

さてさて!そんな9曲をどどんっとどんな曲なのか、代表が紹介してしまいます~!

tr1.9回目のさよなら
制作をしていく中で、当初、1トラック目は主題曲の「クリエイトる!」にしよう、と進めていたところ、
作曲のとーまくんから、「これを1トラックにしたい!」と要望がありました。
9回目のさよなら。歌詞はとーまくんが書いたのですが、とても切なくて、
私は歌いながら、本当に涙を流しながら歌っていました。
とーまくんに、歌詞の意味を聞いてみたことがあるのですが、
猫には9つ命がある、という逸話があります。9つ(9作)の命を終えた猫(SiesteCat)が、
10回目にもし、生まれ変わったら。どんな世界が広がってるのか。どんな風に生きるのか。
どんな作品になるのか。
そんなことが込められている一曲だそうです。
じんわりとしてはじまりの曲ですが、確かに希望のある素敵な短い一曲です。

tr2.クリエイトる!
全員協力で曲を作ってみよう、とはじまったこの曲。
全員が協力するためにはどうしたいいか?など考えて、元の作曲をとーまくん、アレンジをひとくん、ヴァイオリンをミナグさん、そしてPV化時の絵をみるくちゃん、歌がふうにゃん、という形にたどり着きました。
とにかく勢いのある賑やかな、シエスタがたくさん詰まった一曲になりました。
もうかなり前々から制作は始まったのですが、大切な曲だけあり、どの担当もかなり時間をかけ、苦戦したりもしていました。
歌は、とにかくAメロがちゃんと歌えるのだろうか…という不安でいっぱいでしたが、
歌詞にもとにかくシエスタをイメージしたものを詰め込んで、詰め込んで。
マイホームシエスタ。ここが私たちのマイホーム、そして、クリエイトる!色々なものをつくっていこう!ということをテーマにしてみました。
制作期間が長かったため、今までの曲で一番私も歌いこんだと思います。
今のシエスタが全部詰まった一曲です。

tr3.シエスタ・パレード
歌はゲストに南原光香さんをお呼びした一曲です。
さて、ミナグさんは元から光香さんの歌声は知っていましたが、どんな曲を作ってくれるのか気になっていたのですが。
ぱっとひらめいたらしく、完成したのはこちら。まるで遊園地のパレードです!
作詞はふうにゃんに、とお願いされたのですが、にぎやかで楽しいパレードの様子と、
光香さんの可愛らしい歌声がすでにイメージできて、すらすらと書くことができました。
さて皆様おまたせ!とはじまる、この可愛らしい曲ですが、
完成したものを聞いた時、本当に可愛くて思わず笑顔になってしまいました。
意味深な言葉や思いは含まれていないのですが、
10作品目をお祝いするということが素直にこめられた、ストレートな可愛らしい曲です。
光香さんは、パレードがきたことをみんなに知らせてくれる可愛いおねえさん、といったところでしょうか。
ご本人も大変楽しく収録して頂いたとのことで、本当にうれしいです。
可愛いパレードの一曲です。

tr4.ユキノツグ
歌はゲストに雪ノRENさんをお呼びした一曲です。
実は、RENさんをお呼びしたのは二回目です。以前はTick∞Tuckの時にもお呼びしていて、
実はその時もも作曲はとーまくんと組ませて頂きました。
ゲストさんと作曲の組み合わせは基本的に私が決めるのですが、
RENさんととーまくんの組み合わせはとても惹かれるところがあり、今回も一緒にお願いしました。
こちらもとーまくんが作詞をしてくれました。
なんだか寒い景色が広がるような雪の歌詞かと思えば、重ねた手が暖かい、そんな一曲になりました。
RENさんの素晴らしい歌唱力もとにかくパワーがあって、雪の中にある暖かいものに届くように、突き抜けた歌声になっています。
ミックスはミナグさんが担当したのですが、ミックスしながら、「これは名曲ですよ!」と言っていたのが印象的です。
こちらは生のギターとベースの音が入っているのも特徴です。ino.さんのカッコイイギターに耳をすましてください!
暖かい雪の中の一曲です。

tr5.わがままニャンコのLove me do!
とにかく可愛くて、なんて可愛い曲だ~!と言いながら、とびきり可愛い作詞にしました。
他の曲は、わりと音楽とか、歌に意識が向く歌詞が多かったのですが、
この曲は、ビジュアルに重きをおいた作詞にしました。
私にしてはキーが低く、とても大変だったのですが、独特の雰囲気のでた可愛い曲になったと思います。
曲そのものはすごくシンプルさもあるのですが、
ひとくんの可愛いキラキラしたサウンドが目立ちます。
実は、ゲストさんへの曲が先にあがってきていたのですが、しみじみした曲がちょっと多いかな、と思い、
ぜひ明るく可愛い曲をお願いしたい!とリクエストして、書いてもらいました。
女の子なら、だれでも可愛くなりたい!って思うと思います。
最近はツイッターなどかあるので、アイコンイラストを描いてもらう!なんて方も増えて。
たとえばふうにゃんのイラストも、みるくちゃんが書いていますが、イラストのふうにゃんも、現実の大人の女性(?)なふうにゃんも、どちらもふうにゃんなんですよね。
ジャケットを見ながらぜひ聞いて頂きたい1曲です。

tr6.変わらない歌を 歌い続けて
歌はゲストに小鳥遊めぐみさんをお呼びした一曲です。
とにかくさわやかな歌声に心が浄化されていく素敵な曲になりました。
実は、作詞が苦戦しました。というも、最終的にはミナグさんが書いているのですが、
ミナグさんが作業が多くて、試しに私に作詞を一度お願いしていて。
とても難しい曲だというのが、作詞しながら分かったのですが、
やはり歌詞がなかなか合わず。最後にはなんとかミナグさんが歌詞をあてはめました。
コーラスも綺麗で、優しいめぐみさんの歌声にぴったりです。
変わらない歌を歌い続けよう、って実はとても大切なことだと思います。
変わらない、というのは色々な解釈があると思いますが、私は、変わらない想い、かな、と考えています。
違う言葉や違うメロディーでは、「私」の歌にはならない。
この曲を私が歌わなくては、私の歌にならない。
ちょっとひも解くと哲学ちっくなのですが、難しいことを考えず、流れる風を感じるように、
聴いて頂けると、とても癒されると思います。
優しくて気持ちのいい一曲です。

tr7.Shadow cat
この曲、実は冒頭に語りが入っています。これだけしっかりした語りが入った曲は初めてではないでしょうか。
とーまくんがとにかく苦戦したというみの曲。提出してきた時言われたのは、
「なんか、ハロウィンみたいになっちゃった☆」でした。確かにハロウィンぽい。春M3とは。
作詞はハロウィンのイメージから、ちょっと大人でおしゃれな感じにしてみました。
音楽に魅了されてしまうあなた。といった感じで。
私自身に色気はまだまだ足りないのですが、聴いてくださった方をちょっとでも虜にできる瞬間があったらいいなと思います。
実は、SIESTEの収録で、私が初めて収録したのがこの曲でした。
おしゃれな曲はすごく好きなのですが、やはりリズムなど難しくて、何度もリテイクを重ねました。
SiesteCatじゃないんかい!という突っ込みがはいりそうですが、
きっとShadow catはSiesteCatのもう一つの顔…なのかもしれません。
どう解釈するかはあなた次第。暗い夜道から聞こえてる音楽にはお気をつけください。
おしゃれでちょっと怪しい一曲です。

tr8.貨物列車
歌はゲストにまめ乃さんをお呼びした一曲です。
作詞は私でしたが、ひとくんから曲をもらった時に、「これにしよう」と思ったことがあります。
それは、二番の歌詞です。行ってしまうと、SiesteCatを離れていった元メンバーへの言葉を一曲、どうしても歌詞に書きたいと思っていました。
もちろんそれには、休止状態のメンバーも含まれます。
離れていく理由は色々でしたが、私は、離れていったメンバー一人一人、必要のなかったメンバーはいなかったと思います。
離れたメンバーに聴かせたい!とは強制的に思いません。ただ、ふとどこかでこのCDに出会って聞いてくれたらいいな、くらいです。
まめ乃さんにはそんな大切な曲を歌って頂いたのですが、かわいらしさもある、暖かい歌声で、
しっかりと世界観を壊さずに歌ってくださいました。
やさしいバラードですが、SiesteCatという貨物列車の様子をやさしくお話を読むように歌ってくださっています。
やさしさが詰まった一曲です。

tr9.H-cot*
こちらは、tr3でも歌って頂きました、南原光香さんとふうにゃんのデュエットです。
実は私は光香さんと「H-cot*」というユニットをしておりまして、
そちらの曲をサイトでも公開してるのですが、せっかくだからSiesteCatのCDにもいれてしまおう!といれさせて頂きました。
オマケトラックのような扱いですね!
二人が楽しくお茶する様子がまったり、癒されます。
特徴のある声の二人が歌うということで、最初はどうなってしまうのか?!というドキドキとわくわくでいっぱいでした。
しっかりマッチした時は本当に感激したものです。
最後にゆっくりほっと一息、この曲で締めになります。


ということで、いかがでしたでしょうか!
今後はPV動画なども予定していますので、ぜひお楽しみに!
ふうにゃんのツイッターでもちょっと似たような話しになるとは思いますが、
曲を紹介していきますので、ぜひどうぞ!
ハッシュタグは #10thSIESTE です。ぜひ使ってくださいね!
PR
2018/03/18 (Sun) 未選択 CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可